原口病院循環器科内科

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠中に何度も呼吸が止まる病気です。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に何度も呼吸が止まる病気です。
気道(空気の通り道)が閉塞してしまうことが、大きな要因として挙げられます。気道を狭くさせる原因はさまざまです。

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠中の激しい、いびきをかく昼間の眠気が強い
熟睡感がない気象時の頭痛・頭が重い感じがする
夜間のトイレの回数が多い
集中力の記憶力の低下
睡眠中の呼吸停止

原因

睡眠時無呼吸症候群は、空気の通り道である気道が完全もしくは不完全に閉じることにより起こります。起きている時には、気道が狭くならないように気道の筋肉が緊張しています。
しかし睡眠中はこれらの筋肉の緊張が緩み、さらに顎の骨や舌が重力に逆らえず、のどに落ち込むため気道はさらに狭くなります。
そして気道が狭くなっている状態で息を吸うと、気道が内側に吸い寄せられて、なお一層気道は狭くなりついには閉じてしまいます。
肥満の人に多いことは良く知られていますが、そうではなくとも日本人は骨格的に睡眠時無呼吸症候群を発症しやすい人種であると言われています。

イメージ図

睡眠時無呼吸症候群の症状

いびき

いびきはベットパートナーが寝られないほど大きなことが多く、不規則であり、呼吸が止まる時にはいびきも止まります。吸が数十秒止まったあとに、あえぐような呼吸の再開とともに大きないびきを再びかき始めます。

日中の眠気

いびきはベットパートナーが寝られないほど大きなことが多く、不規則であり、呼吸が止まる時にはいびきも止まります。吸が数十秒止まったあとに、あえぐような呼吸の再開とともに大きないびきを再びかき始めます。

起床時の頭痛

いびきはベットパートナーが寝られないほど大きなことが多く、不規則であり、呼吸が止まる時にはいびきも止まります。吸が数十秒止まったあとに、あえぐような呼吸の再開とともに大きないびきを再びかき始めます。

夜間頻尿

いびきはベットパートナーが寝られないほど大きなことが多く、不規則であり、呼吸が止まる時にはいびきも止まります。吸が数十秒止まったあとに、あえぐような呼吸の再開とともに大きないびきを再びかき始めます。

その他

睡眠中に呼吸が止まると、心臓に大きな負担がかかります。この負担により尿を作るホルモンが分泌されるため、夜間にトイレで起きることが多くなります。睡眠時無呼吸症候群の方は、一晩で2回以上トイレに行くことが多いと言われています。

睡眠外来へ