原口病院循環器科内科

禁煙外来

喫煙習慣はニコチン依存症という病気です。保険診療による治療で禁煙しましょう。

対象者

  • 1日喫煙本数×喫煙年数が200以上の方
  • ニコチン依存テストが5点以上の方

ニコチン依存テスト

1 自分が吸うつもりよりもずっと多くタバコを吸ってしまうことがある。
2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがある。
3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてたまらなくなったことがある。
4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
・イライラする・神経質になる・落ち着かない・集中しにくい
・ゆううつ・頭痛・眠気・胃のむかつき・脈が遅い・手のふるえ
・食欲または体重増加
5 4の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがある。
6 重い病気にかかったときに、タバコは良くないとわかっているのに吸うことがありましたか?
7 タバコで自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
8 タバコで自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
9 自分はタバコに依存していると感じることがある。
10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか?

費用

保険で認められている通院回数は、初回、2週、4週、8週、12週の計5回(期間は約3ヶ月)で、費用はおよそ17,500円前後です。

治療方法

ニコチンを含まない飲み薬(チャンピックス)によりタバコを吸っても「おいしい」「気持良い」と感じる事がなくなり、またニコチンが減るために起こるイライラ感も少なくなります。


飲み始めの1週間はタバコを吸いながら服用し8日目には禁煙を開始します。
※通常、服用期間は12週間です。

スケジュール

初診日 1日目 ニコチン依存症のテスト。喫煙指数(一日の本数X喫煙 年数)200以上の確認。一ヶ月以内の禁煙開始を希望 しているかの確認。禁煙を文書で同意。以上の4項目を 行います。その後、一酸化炭素の呼気濃度を計測し禁煙 プログラムの日程を相談して決めます。最初の一週間は 内服しながら喫煙も可能ですが、8日目からは禁煙 します。薬は1日1回から開始して一週間で1日2回に 増量します
2回目 2週間後 内服開始後2週間目に外来を受診します。一酸化炭素の 呼気濃度をチェックし、薬の副作用の確認や禁煙のコツ のアドバイス、次回までの薬の処方などを行います
3回目 4週間後 内服開始後一ヶ月目に外来を受診します。
4回目 8週間後 内服開始後二ヶ月目に外来を受診します。
5回目 12週間後 内服開始後三ヶ月目に外来を受診します。
これで禁煙完了となります

禁煙治療は12週間が基本です。

メッセージ

禁煙に取り組まれる皆様をスタッフ一同、禁煙成功までサポート致します。これまで禁煙に失敗され治療に不安のある方、禁煙に踏み切れない方は、ぜひ一度受診される事をお勧めします。

交通アクセスへ