原口病院循環器科内科

睡眠外来

睡眠やいびきのお悩みはございませんか?もし、家族や知人からいびきや呼吸停止の指摘をされたら受診をするようにしましょう。

睡眠外来とは?

睡眠でお悩みの方に対して行う治療で特に睡眠時無呼吸症候群でお困りの方を対象としております。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に何度も呼吸が止まる病気です。
気道(空気の通り道)が閉塞してしまうことが大きな要因として挙げられます。気道を狭くさせる原因はさまざまです。


詳しくはこちら

治療方法

睡眠時呼吸障害は長期的な治療が必要です。毎月1回の診療を受けましょう。

主な治療方法

夜眠るときに鼻にマスクを装着してそこに圧力をかけて空気を送り込む方法を当病院では、採用しております。機材は、貸出いたしますのでご自宅で治療ができます。

検査方法

ご自宅で診断装置(右図)を使い睡眠中にデータを取りますので安心して検査ができます。

治療の流れ

1.受診

問診では、自覚症状、生活習慣や合併症、交通事故やニアミス経験などについてお聞きします。
また夜寝ているときの様子はご自分ではわからないので可能であれば家族に同席してもらうのがよいでしょう。

2.検査・診断

ご自宅で診断装置を使い睡眠中にデータを取りますので安心して検査ができます。

3.治療

睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、次に治療法を決定します。患者さんにあった治療法を患者さんと相談しながら医師が選択します。
また、治療を効果的に行うためにも生活習慣の改善に心がけましょう。

4.生活習慣の改善

睡眠時無呼吸症候群は生活習慣と密接に関係しています。
ですので治療の第一歩は生活習慣を見直すことから始まります。肥満の方は生活に運動を取り入れたり晩酌をされる方は量をへらすことで、無呼吸が軽減する場合があります。

お気軽に受診ください。

睡眠時無呼吸症候群と思われる症状がありましたら、まずは診察にお越しください。


交通アクセスへ